家出人捜索

人探し

一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査員が何人かによっても違いますが、だいたい1時間あたり1万〜3万円ほどです。言うまでもありませんが、調査員が少数なら安く、多いほど高くなります。そして尾行の際、車やバイクで移動すると、別途交通費、車両費として請求されることがありますので、確認がいります。相手が全然知らないうちに、誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには、必要とされる技術および機材があります。せっかく撮った浮気現場の写真も、顔が見分けられないような露出不足だと残念ながら証拠とは言えません。探偵なら浮気調査をする場合、超小型の機材を使い全く気づかれずに顔がはっきり判る写真を撮ることができます。浮気を調査を依頼する時には、あり得ないほど低い報酬額であったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、料金設定が細分化されていて、後で追加料金を請求してこないような探偵事務所が望まれます。その他、関係団体に届け出ているのか事前調査が必要です。違法調査を実施しているところへは委託しない方がよいでしょう。配偶者が不倫をした場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。ただし、配偶者が不倫をする前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、慰謝料をもらうことはできません。慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、あなたの年齢、結婚歴等総合的に判断して裁判所が慰謝料を決めます。自ら動くより、浮気調査は探偵に頼みましょう。専門家である探偵にお願いすると、浮気の証拠を確実につかむことができます。自ら浮気調査をしてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。でも、パートナーを問い詰めても浮気を認めようともしなかったら、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵が尾行を行う時間が長いよりも短い方が、費用が少なく済みます。ですので、尾行を探偵にお願いするなら、パートナーの日常の行動を観察しておく必要があります。その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って追跡をお願いすると、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができ、お互いのメリットとなります。GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に忍ばせ、行動を常時監視し続け、今いる場所をモニターしたり、記録したデータを後から取り出して行動を確認することができます。普段、運転しないような人の場合は、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。これで相手がどこをどう移動して、そこで過ごした時間もわかるでしょう。成功報酬と言って誤解されがちなのは、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間だったとしてその3日の間だけは浮気がなかったとすれば調査は成功となってしまうのです。本当は浮気をしているという場合でも、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、浮気の証拠がつかめないまま、浮気調査は終了してしまい、成功報酬を請求されるのです。探偵の浮気調査の場合でも失敗する場合があるでしょう。探偵が浮気調査の専門家だとしても、思わぬミスをすることが全くないとは言えません。尾行対象がある日突然、車や電車で移動したり、尾行に気づくこともあるでしょう。それか、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には証拠写真も撮れません。洋服の好みが変化してきたら、危ない予兆です。浮気相手の趣味に合わせたものであったり、格好よく見えるよう頑張っていたりすることもありえます。いきなり、年にそぐわないデザインや色の洋服を選んで着るようになりだしたら、相当に危ない予兆です。とりわけセクシーな下着を着用しだしたら、浮気をしている場合が多くあります。